2010年 03月 20日

FingerVU 436 - タッチパネル+ガジェットなUSBモニタ

Akiba PC Hotline で紹介されてたので、FingerVU 436を買ってみて使ってみた。
d0013269_19435490.jpg

- 製品紹介(時々繋がらないっぽい)
- Akiba PC Hotline の記事




写真みたいに三角の箱に入ってる。色は黒と白。今回出たのは小さいサイズの方 (FingerVU 436)で、また後で大きいサイズのが出るらしい。(FingerVU 706)

基本的にUSBモニタであるようなので、サクサク動くかどうかはPCに依存する。っぽい。出力用のUSBモニタと、連携させて動かすWindowsアプリの両方がセットになって動いている感じ。

タッチ操作は爪かタッチペンが必要。取扱説明書にも爪かペンで操作、と書いてある。ただしペンは無い。爪が短くても、爪でなでたり、はじくように操作するとそこそこいける。ちなみに、付属の滑り止めシールは必須。貼らないと操作をするたびに後退していく。貼ると止まる。

あとは気付いた点をいろいろと。

- 映像的には、USBモニタとPCモニタの間で極端な差は感じない。
- 音はPC側から出る。
- 普通のUSBモニタとしても使える。ただし436の解像度(480 x 272)はちょと低すぎるかも(706なら800x480)
- 16:9なのでYoutubeが画面ぴったりに表示。かつキーワードで検索して次々再生してくれる。Youtubeのながら見に良い感じ。
- 標準搭載のニュースサイトは英語ばかりだけど、RSSリーダを使えば日本語ニュースサイトもOK。
- USBケーブルは画面回転時の軸になる部分に挿す。
- 誤訳っぽいのはあるけど、日本語はおおよそ問題ない。
- このモデル(FingerVU 436)だと文字は小さく感じる。
- iTunes と連動する。でもアルバムアートワークは未実装なのか、今のところNoImage扱い(iTMS曲も非iTMS曲も)。

なお、3/20時点ではCD-ROMからのインストール後に2回ほどアップデートが入った。アップデートしないと使えない機能もあるようなので注意。アップデートを終えた後のバージョンは 1.19.0312だった。

そんなわけで、割と良い印象。解像度のみ物足りないので、7インチモデルも買うことになると思う。たぶん。あとAPIの公開にも期待。

3/20 21:10 更新
FingerUI のバージョン追記。
[PR]

by hisa-doghouse | 2010-03-20 20:59


<< 物欲基準      最近のあれこれ3月 >>