うごくものあつめ

a3works.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 05日

HDD引越し術 w/ WinPE

HDD を引越しする術はいろいろとあるけど、WinPE を使うと簡単。

■ よいところ
- WinPE 使うから NTFS とか気にしないで良い
- ログを残せる
- リトライもできる
- WindowsXP も Vista もいける (はず)

自己責任でよろ

■ やりかた
1. 適当なPCに WindowsAIK を入れる
2. WinPE 2.0 な CD を作る
な○の屋さんとこの手順が便利。
ちなみに OPK.chm にも載ってる。
3. あらかじめ引越し元と引越し先の両方の HDD を PC につないでおく
4. WinPE で起動する
5. 起動したら HDD が繋がってるドライブを確認して、コピーしたいものを以下のコマンドで一括コピー。
robocopy.exe /MIR /COPYALL /TEE /LOG:c:\robocopy.log c: k:
6. 終わるまで待つ
7. HDD をつなぎ変えて終了ー。

引越し先のドライブのパーティションをactiveにするのを忘れないこと。robocopy はもっと評価されるべき(xcopy 的な意味で)。でも単体ファイルのコピーができないんだよなー。別にやってくれてもいいのに...。

xcopy と比べてログも残せるし進捗見やすいしコピー失敗時のリトライ回数も指定できるしで良いことずくし。ちなみにデフォルトの再試行回数はとんでもない値になってるので/R:10とかちょい減らしておくと良いかも。

robocopy は昔はリソースキットにしか入ってなかったのだけれど、VistaになってOSにもWinPEにも入るようになった。WinPE に ImageX も入れておけば大抵のトラブルには対処できますな。

しかし、Vista がアレなのに対して、WinPE 2.0 はほんとに良いOSだわ...。これを元にMID用のOSを作っちゃえばいいのに :-)

そんな感じです。
[PR]

by hisa-doghouse | 2008-04-05 16:17


<< いろいろ来てた      ヨドバシで即日配送してもらえる条件 >>